左右構造の違い

スタッドレスタイヤが雪道に対して高い抵抗力を発揮する理由は、その特殊な構造にあります。ではいったい、どんな構造がスタッドレスタイヤの安心感を作り出しているのでしょうか。スタッドレスタイヤが持つ、驚きの構造をご紹介します。

この記事の続きを読む

細さによる効果

スタッドレスタイヤは、接地面積を少なくすることで、スリップを起こす危険性を減らしています。接地面積が大きいタイヤは、スリップを起こしやすい構造となります。面積を減らすことで、スリップの発生を抑えることができるのです。

この記事の続きを読む

使用するために

スタッドレスタイヤを使用するには、タイヤを取り扱う専門のカーショップを利用するといいでしょう。実際に店舗に行かずとも、サイトを利用することでこうした特別なタイヤを手軽に利用できるでしょう。

この記事の続きを読む

滑らないタイヤ

北国などの地域では、冬になると車にもすべり止めを使用する必要が出てきます。
雪の上を走行する場合、雪の表面部分が溶け、水の膜が張られている事があります。
この水の膜が問題であり、車で走行するとスリップを引き起こしてしまうため、注意が必要なのです。
スリップを起こさないために、昔から行われてきた方法として、タイヤにチェーンを巻くやり方が取られてきました。
ですが、こうした方法ですと、雪道以外ではチェーンを外すことにもなるため、面倒なものです。
雪の深い山道などではチェーンも有効ですが、公道に降った雪は多くを公共機関が処分しているため、チェーンで走るのは適さないのです。
そのため、雪の表面に出来た水分で滑らないよう、小さなスパイクが付いたタイヤが用いられたことがあります。
しかし、こうしたタイヤはスパイクが道路を削ってしまい、道路を削った細かい粉塵が環境問題へとつながるため、問題となったのです。
そこで、近年ではスパイクタイヤに代わり、スタッドレスタイヤと呼ばれるタイヤが利用されるようになりました。
タイヤの材質や表面構造を工夫することにより、スパイク無しでも滑らないタイヤとなったのです。スタッドレスタイヤは、表面に刻まれた溝から水を排出する構造をとっています。
雪表面に出来た水の膜により、摩擦係数が低下することでスリップを起こすため、問題となる水分を除去する構造をとることで、問題を解決したのです。
さらに、タイヤのゴムにも多くの気泡が含まれる構造となっているため、発泡ゴムが効果的に水を弾くため、水の膜が形成されることを阻害するのです。